4月:ベトナム料理:ナンプラー春雨&バインミー
ナンプラーは魚醤の一種です。独特の風味がありますが、疲労回復にもいいそうですよ。
バインミーとはベトナム風のサンドイッチのことです。ベトナムでは屋台でも販売しているポピュラーな食べ物です。

5月:タイ料理:タイスキ&ソムタム
タイスキは、タイのお鍋の一種。日本の水炊きに近い感じです。タレを付けてお召し上がりください。
ソムタムとは、ラオスやタイで食べられる青いパパイヤを使ったサラダ。ソムタムのソムは、タイ語で、「酸っぱい」を意味します。

6月:インドネシア料理:ナシゴレン&ジャワスタイル風野菜炒め
ナシゴレンのナシはご飯、ゴレンは炒(いた)めるの意味。辛味のきいた焼き飯風のメニューです。
空心菜を使ったジャワスタイルの野菜炒めとの相性抜群!

7月:中国料理:肉団子の甘酢あん&油淋鶏
まんまるの肉団子に、色とりどりの野菜がたっぷり。甘酸っぱい餡が食欲をそそります。
パリパリの皮が美味しい油淋鶏。生姜の風味をお楽しみください。

8月:日本(沖縄)料理:ラフテー&ゴーヤチャンプル―
ラフテーは、沖縄県の郷土料理の1つ。皮付きの三枚肉または皮付きのもも肉を泡盛や醤油で甘辛く味付けした料理です。
チャンプルーとはごちゃまぜと言う意味です。豆腐と色々な食材を炒めた料理です。ゴーヤの苦味がクセになります。

9月:台湾料理:小籠包&大根餅
小籠包は中華料理の点心の一種。皮の中からスープが溢れ出します。
もっちり食感の大根餅とご一緒にどうぞ。

10月:韓国料理:キムチ鍋&ダッカルビ
キムチと野菜とお肉がいっぱい入ったキムチ鍋は肌寒くなった朝にピッタリのメニューです。
ダッカルビとは鶏肉とキャベツ・たまねぎなどの野菜、トックなどを炒め、コチュジャン・とうがらし・砂糖・しょうゆなどで作った甘辛いたれで味つけしたもの。日本でも人気のメニューです。

11月:ネパール料理:チキンセクワ&サモサ
チキンセクワはネパールの庶民的な焼き鳥料理。
サモサはインドの軽食で、ジャガイモ・豆・羊の挽肉・玉ねぎをペースト状にしたものをクミンやコリアンダーシード、ターメリックなど各種の香辛料で味付けし、三角の形に食用油で揚げたものです。

12月:ロシア料理:ボルシチ&シャシリク
ボルシチはロシア風シチューで赤い色をしたスープ。テーブルビートや玉ねぎ、牛肉、人参などを煮込んだロシアの伝統料理です。
シャシリクは一見日本でいう”BBQ”に近いのですが、ロシア版の串焼きバザールや屋台などで気軽に食べられ人気!

1月:日本料理:ちゃんこ鍋&串カツ
冬場の寒い時期は体の中から温まる”ちゃんこ鍋”と大阪のソウルフード”串カツ”をご提供!
栄養バランスもよい”ちゃんこ鍋”と大阪らしい串カツを食べて元気よく出発!

2月:中国料理:四川麻婆豆腐&八宝菜
麻婆豆腐の「麻」は山椒のしびれる味で、「辣」はトウガラシの辛い味のこと。
温かいご飯にかけて、お口いっぱい頬張ってください。
野菜がたっぷりの八宝菜。
辛味が苦手な方は、とろとろ餡の八宝菜をお楽しみください。

3月:韓国料理:プルコギ&キムチ餃子
タレに漬け込んだ牛肉をたっぷりの野菜と炒めたプルコギはみんな大好き、韓国料理の定番です。
キムチ餃子のもちもちの皮に包まれた中身は、ピリッとしたキムチがいっぱい。